私のバイト時代 (6) 

  掃除のバイトでは世の中を裏から見ることができた。
 
  月-金の掃き掃除では、退社後の人のいない事務所の中を掃いて回る。机
 の上を見ただけで、そこを使っている人の様子が分かる。几帳面に片づいた
 机、書類やその他のものが雑多に積み上げられた机、乱雑な机でも、全く乱
 れきったゴミの山のようなものもあれば、一見すると散らかっているが、そ
 こにある種の統一した秩序の感じられるものもあった。
 
  机一つを取ってみても使っている人の人柄が推測できた。誰もいないと思
 った事務所の中で一人ポツンと残って残業している社員に出くわすこともあ
 った。そんな時、通りすがりに「ご苦労様」と小声で声をかけてくれる人も
 いればまったく無視する人もいて、同じ職場にいても人は様々だと思った。 
 
  女子トイレのゴミを集めて回る作業では、階によって洗面台の汚れが全く
 違っていた。ある階では細い女の髪の毛が洗面台の陶器に濡れてびっしり張
 り付いていた。そういうところに限って丸いくずかごはちぎれたトイレット
 ペーパーの山で溢れている。私が女性コンプレックスだったのは「浪人時代」
 で述べたとおりであるが、若さあふれるまぶしい女子社員の裏にこういう汚
 いものもあるんだと突きつけられた感じがした。
 
  浪人時代には、新宿のKデパートの掃除を担当したが、職員の休憩所の灰
 皿には、吸い口のフィルターに赤い口紅のべっとりついた吸い殻が沢山入っ
 ていたりした。清楚な制服でにこやかに接客しているお姉さんが裏へ回ると
 こうなのだ。
 
  人間には裏がある。それを毎日具体的に確認する作業だった。昼間は社長
 から用務員まで身分と地位の決まっている会社も夜にゴミを集めて回れば、
 私の前に繰り広げられるのは昼間の秩序と違った、人間一人一人の人格とい
 ったものが露わになる人間展示場なのだった。
 
  社長室に入るのは楽しかった。床は絨毯である。応接セットには舶来の煙
 草がケースに納められていて、卓上ライターも極上のブランドものである。
 椅子のクッションは柔らかく座ると体の重さで半分ほど埋まった。掃き掃除
 は一人でやった。社長室に入ると、あたりに人がいないのを確認してそのク
 ッションに座り、くわえ煙草で「キミイ、そういうことじゃ困るんだよ」と
 一人芝居をうってみたりした。
 
  製品開発室で板に着色したチョコレートの見本が捨ててあればこっそりポ
 ケットにしまって持って帰り自分の宝ものにした。さすがに本物そっくりに
 作ってあって、捨てるの忍びなかった。店頭に並ぶチョコレート一つ一つに、
 それが製品化されるまでには、かなりの時間と労力がそそがれているのがわ
 かった。
 
  あるいは古くなって表面に細かい白い粉がふいたようになっているチョコ
 レートを発見したこともあった。ためしに口に入れてみると、水分が少なく
 てかたい木を囓っているような感じだった。そのくせ味はしっかりチョコレ
 ートをしているのだった。始めの頃はそういう発見が面白く仕事時間は退屈
 しなかったが、一と月も過ぎるとその興奮も納まって、後はきまりきった事
 を単調にこなしていく作業になった。
 
  それでも最後まで楽しかったのはゴミの集積所である地下室に降りていく時
 である。紙屑は麻の大きな袋に入れて積み上げた。その麻の袋の上にジャンプ
 してはね回るのは痛快だった。一緒に働いている友人とプロレスごっこをして
 互いに投げ合ったりした。段ボールの箱が出ると、沢山重ねて「ロープ最上段
 からのニードロップ!」などと叫び、膝蹴りでつぶしたり思いっきり蹴飛ばし
 てバラバラにするまで暴れまくった。
 
  当時から段ボールは別に集めて回収していたので、バラバラにしてもまとめ
 てひもを掛けておけば叱られることはなかった。かえって細かくなっていると
 処理が楽だ、と喜ばれた。                   
 
 1998.9.6
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 初出:F36通信 1998.9.
……………………………………………………………………………………………
 あとがき:このビルのエレベーターは旧式の内部が見通せるものであった。
 銀座三越にあったようなタイプである。人の乗るボックスの上下が外からわ
 かる。人のいない夜になってガラス扉の向こうに音もなく上下する影をみた。
 このエレベーターの脇に郵便物の投函管が上から下まで走っていた。エレベ
 ーターに乗る前、ここに手紙を入れると一番下の集積所に郵便物が溜まる仕
 組みになっていた。これも不思議な装置だった。一人で廊下を掃いている時、
 視界の端に白いモノが上から下にスッと流れるように落ちていく。そちらを
 見た時にはもう何もない。少しひんやりした気分になる。
 
───────────────────────────────────
 自伝シリーズ NO.45  私のバイト時代 (6)     2001.6.30 発行
……………………………………………………………………………………………